リフレクソロジストみゆきの出産ブログ






リフレクソロジストみゆきの出産ブログ

現在うつ状態と闘っています

私はこの5年間ほど、うつ病と闘っています。厳密に言えば、躁うつ病のほうなのですが、躁状態を除けば、うつ状態の時はうつ病の方とまったく同じ症状です。そして現在も、病気が悪化して仕事を休職しています。パニック障害も併発していて休職も、この会社に入って2回目です。   うつ状態の時は、何もする気が起きません。というより、体が動こうともしません。眠ろうともしませんし、食事をしようともしません。体が動かないというのは、たとえて言えば、風邪をひいて微熱がある時って体がだるくて重いですよね。それを10倍くらいにしたかんじです。ですから私の場合、ベッドに一日中横になってしまうのです。汚い話ですが、お風呂に入る気力も体力もない。   そして、そのベッドの中で、悲観的になって不安に押しつぶされそうになって泣いたり、何も考えられなくてぼーっとしているだけです。もうこの状態の時は、正直言って廃人です。健康な状態の時には1で済む不安が、10にも100にもなります。   一か月前ほどは、悪いことを考えすぎてパニックを起こし、自傷行為までしてしまいました。   とにかく私は現在病院の診察とデイケアに通い、ストレスとの付き合い方や、自分のコントロールの仕方を学んでいるところです。うつになって、良いことはひとつもありません。どうか皆さんがストレスとうまく付き合い、うつ病になる人が少しでも減ってくれる社会になってほしいと願うばかりです。


arrow  続きをみる

運動すると肩こりがする

私は肩凝りだけでなく、背中にも凝りを感じるようになり、整体へ通うことにしました。 とにかく全身が凝っている感じがあり、体調不良になってしまったのです。 肩凝りは肩の血行が悪いことが原因のようですから、肩凝りがひどくならないように、仕事の合間を見ては首を回したり、肩を回すストレッチをしていました。 しかし、私の肩凝りは一向に良くならず、それどころか、肘にも痛み感じるようになってしまったのです。 私の周囲も肩凝りがひどい人が多く、これは腱鞘炎かも、もはや職業病といえるのかもしれません。   私は普段、公務員として事務仕事をこなしています。 毎日毎日、長時間座っている仕事に、身体が悲鳴を上げるようになったのかもしれません。 適度な運動をすると肩凝りが改善できると聞き、ジョギングや水泳も試してみました。 しかし、これといって効果はなく、背中に板が入ったかのように凝り固まったままなのです。 もう、こうなると、何をしていても身体中が違和感でいっぱいになってしまいます。 それで昼休み、職場の人と話しをしていたら、整体が良いという話を聞きました。 病院と違って、整体なら通いやすいかもしれないと考え、私は整体へ行くことにしました。


arrow  続きをみる

朝起きたときに感じる嫌な予感

片頭痛に悩まされるようになってから早3年ほど。最初は更年期障害かと思っていましたが、検査をした結果違うことが判明。 結局ありがちな病名の片頭痛と診断されました。でも一体、片頭痛って何なんだろうとか思ってしまいます。 病院から薬を処方されていて1日3回飲んでいて、あまりにもひどいときだけと痛みどめを飲むように指示されています。   片頭痛は朝起きた瞬間にわかります。そういう日は、起き上がった時に頭痛はもちろん吐き気・下痢など体の調整がきかなくなるので憂鬱になります。 すぐに普段飲んでいる薬を飲んで、プラス痛みどめも飲んでやっと1時間後くらいになって落ち着きます。 そんな中でも朝ご飯の準備もしないといけないので大変です。   よくストレートネックに関係されて頭痛を感じる人がいると聞きますが、私の場合まだどういう時に片頭痛になるか自分でわかっていません。もしわかっていたら事前に予防することもできるのになと思っています。   たかが片頭痛とは言え、悩まされている本人にしかわからないこともたくさんあります。そしてこれからも薬を手放せないのかと思うと、ますます憂鬱になってしまいます。 空気の換気で気分を変える・自分の好きなことをやってみる・自然を感じる・軽い運動をしてみるなど適度なストレス発散も先生から勧めれていますが、なかなか実行できていない私です。


arrow  続きをみる

蓄膿はペットから

2歳の息子の鼻水鼻詰まりが一ヶ月以上止まらず、ついに発熱。病院に行ったところ、蓄膿症ということで抗生剤を頂き、取り敢えずは治りました。ところが、また一ヶ月も経たないうちに鼻水と鼻詰まりがスタート。確かまた一ヶ月ほどで発熱したかと思います。   そんな事を、年に3回も繰り返すうちに、病院の先生に「環境から来る何らかのアレルギー」の可能性があると言われました。検査をしてみると、強い犬アレルギー反応。我が家で飼っている室内犬はフケやら抜毛やらも多い犬種でして、「これかあ!!」っと主人と顔を見合わせて驚いてはショックを受けてしまいました。   犬は息子が生まれる前から買っていた愛犬で、手放す気にもなれず。かといって、犬と息子ではどちらが大事かと考えると、やはり自分の息子に優先順位は着いてしまいます。専門医と相談したり、多くの知人に相談したり、ネットで同じようなケースを調べてみたり、副鼻腔炎でも悪化することがあるそうで、そんな風に色々と悩み抜いた末に出た夫婦での結論は…「まずは犬も同居を続ける方向で最大限のできる努力をやってみよう」という事でした。   家にあるカーペット類は毛やフケが溜まるので全て処分し、フローリングむき出しの床に。犬は絶対に子供部屋や寝室には入れず、リビングとキッチンだけ。掃除機はダイソンのペット用を購入して毎日掃除。空気清浄機も購入。そして、犬の食事にも気を使い、生肉中心のローフードダイエット(犬は大喜び!)。   シャンプーは月に2回、そしてアレルギー用ということで売っている「フケや毛が落ちにくくなるよう吹き付けるスプレー」を犬にかけています。そんな取り組みを始めて一年半になりますが、以来蓄膿症がピタリと治まり再発は今の所ゼロ。最初は大変でしたが、慣れると意外に大したことではなく、家も綺麗になって気持ちが良い物です。今後もこのまま犬との同居を続けて行きます。 ところが、中にはペットとの共存を続けることによりアレルギー反応が更に強まって喘息などに発展する恐れもあると聞きました。たまたま上手くいった例ではありましたが、一概にお勧めできるというわけではありませんので、皆さん色々と慎重に検討の上、上記も何らかの参考程度になれば良いなと思う所です。


arrow  続きをみる

集団検診で子宮ポリープが見つかった

市が行っている子宮がんの集団検診を受けました。2年に一度は受けるようにしているのですが、今回検診で子宮にポリープがあるといわれました。

きちんと調べるために、産婦人科に行った方が良いといわれました。

全く自覚症状はなかったのでポリープが見つかったことはかなりショックでした。


arrow  続きをみる

不正出血に注意

時折不正出血があるな、とは思っていたんです。

生理が全部は終わっていなくて、奥に残っていた血が今頃出てきたのだろう、と勝手に理由をつけていました。

結婚して、1ヶ月。妊娠したようなので、産婦人科に行きました。

ドラマであるような、「おめでとうございます。できていますよ」的な、幸せなシーンを思い描いていました。


arrow  続きをみる

子宮ポリープはほとんど良性ですから安心して治療をうけましょう

子宮ポリープは、子宮の入り口の付近と奥の方にできるものがありますが、多くのケースでは子宮の入り口付近にできます。

婦人科で診察をすればすぐ発見できますし、小さいものであればその場で削除は可能です。また、手術が必要でも、日帰りとか、2日か3日の入院ですから、あまり心配されることもありません。


arrow  続きをみる

子宮内膜症と診察されて

私は2年半ほど前に、腰の左下部分に”誰かに引っ張られるような”違和感をおぼえました。

最初は「なんだろう?」という程度だったのですが、日が経っても違和感がとれずたまに痛みも感じるようになり不安になったので、最初整形外科に行きました。レントゲンを撮ったところ「腰は問題ないけど、婦人系かな?丸い何かが写ってるよ。」と先生に言われ、レントゲンを見たところ、確かにおへその斜め左下側部分にゴルフボールのようなものが写っていました。


arrow  続きをみる

自分の身を、誰でもない自分が守るために

近年、女性が多く社会に進出するようになりました。

それに伴って、全国の数ある企業でも女性が管理職などに就き、日々仕事に励んでいる方々も多いことでしょう。

そういった中で、仕事によるストレスの貯蓄や不規則な生活からの体調不良などから頑張る女性たちの気持ちを挫くような疾患もまた増えつつあるのも否めません。

では、女性特有の疾患とはどういったものなのでしょうか。


arrow  続きをみる